ホームヘレンド商品 > ワンダーパーク

 

多彩で楽しいヘレンドのナチュラルワールド


七宝焼きをご存知の方にはお分かりでしょうが、ヘレンドの動物の置物(ワンダーパーク)を覆っている地紋は中国の七宝焼きの再現です。
19世紀の中ごろ、動物の置物を手掛けたヘレンドは七宝焼きを参考に連作を始めて、今日までに数千点(?)に迫る大小さまざまの作品を世に送り出してきました。

それぞれに異なる立体曲面に細かい七宝地紋を描きこんでいく作業をご想像ください。まさに職人たちの忍耐強い絵付け作業のかたまりです。それも一色だけのものから、場所によって色を綾織のように変えていくものまで、気の遠くなるようなこの手描き作業は、世界広しと言えどもヘレンドだけの業です。

動物たちの表情はいかがでしょうか?晴れ晴れした眼のふくろうがいるかと思えば、多少しかめっ面のうさぎとか、職人たちの日々の気分が少し染み出ていても不思議はありません。そして見る側もその日の気分次第で、好む表情が変わるかも知れません。

100点あれば100点異なる手作り手描きの世界で、ひとつひとつの動物がひとりひとりの職人とのその日限りの出合いです。
ワンダーパークの一期一会をお楽しみください。

クラブ ヘレンド ジャパン本店でこれまでに展開をしてきたワンダーパークをご紹介