ニュース
&
イベント

NEWS & EVENTS

 

ホーム > ニュース & イベント
ヘレンド展をはじめとする催しやヘレンドのペインターやポターによる実演の情報などを随時ご紹介してまいります。

9月23日(土・祝) → 12月3日(日)

茨城県陶芸美術館

ヘレンド展 ‐皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯‐
ヘレンドは、1826年にハンガリーの美しい古都ブダペストから遠からぬ小さな村で開窯しました。
1851年のロンドン万国博覧会で、イギリスのヴィクトリア女王から注文を受けたのを機に、一躍その名をヨーロッパ中に広めました。
時流が大量生産へと向かう19世紀末、手作業で最高の陶磁器づくりを目指したヘレンドは、その芸術性の高さからヨーロッパの多くの王侯貴族に愛され、名実共にハンガリー芸術を代表する存在となり、今日に至っています。

本展では、ブダペスト国立工芸美術館、ヘレンド磁器美術館、ハンガリー国立博物館などが所蔵する約150件の作品により、その時代毎に技術の粋を凝らし、華麗に変遷する様々なテーブルウェア、そして現代の斬新な表現まで、ヘレンド約190年の歴史とその魅力を紹介します。

詳しい情報は、茨城県陶芸美術館のホームページをご覧ください。

お問い合わせ:茨城県陶芸美術館 TEL:0296-70-0011

2018年1月13日(土) → 3月21日(水)

パナソニック汐留ミュージアム

ヘレンド展― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―
ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所です。
1826年に創設され、ハプスブルク家の 保護を受けて発展し、各国の王侯貴族に愛好されました。ハンガリーを代表する高級磁器窯として、今日に至るまで高い評価を得ています。「オーストリア 帝室・ハンガリー王室御用達」であったヘレンドは、19世紀後半、当時盛んに開催された万国博覧会へ積極的に出品します。万博での好評は、大英帝国の ヴィクトリア女王からのディナーセットの発注や、フランスのナポレオン三世妃ウージェニーの買い上げなどにつながり、名声を高めていきます。
本展では開窯初期の希少な逸品から、バロックやロココといった伝統的な様式を踏襲した名品に加え、中国や日本の陶磁器に学んだ東洋風の作品群、 そして現代の製品までおよそ150件、約230点が一堂に集まります。ヘレンド190年余の歴史と、優雅で華やかな磁器の魅力をご堪能ください。

詳しい情報は、パナソニック汐留ミュージアムのホームページをご覧ください。

お問い合わせ:パナソニック汐留ミュージアム ハローダイヤル 03-5777-8600

PAGE TOP